スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【農学】サトイモ、水田栽培で収量倍以上 鹿児島大の研究グループ

1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/16(木) 13:34:51.69 ID:???
 鹿児島大の岩井純夫教授(園芸学)の研究グループは、サトイモを水田で栽培すると収量が2倍以上になるとの研究結果をまとめた。
岩井教授は「休耕田の活用策にもつながる」と話し、15日発行の園芸学会の専門誌で発表する。
 岩井教授によると、鹿児島県奄美群島より南の地域では水田でサトイモを育てる例もあるが、
国内ではほとんどが畑で栽培されている。
 研究には畑作用サトイモ「大吉」を使い、2011~13年の3年間、土に水を張った鉢と、土だけの鉢で収量を比較。
いずれの年も水を張った方が約2~4倍となった。

2014/01/15 00:00【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011401002162.html

畑(左)と水田で栽培されたサトイモ=2012年11月(鹿児島大提供)
no title

引用元: 【農学】サトイモ、水田栽培で収量倍以上 鹿児島大の研究グループ

サトイモ―栽培から貯蔵、種芋生産まで (新特産シリーズ)サトイモ―栽培から貯蔵、種芋生産まで (新特産シリーズ)
(2012/04)
松本 美枝子

商品詳細を見る

続きを読む »

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 里芋 鹿児島大学 収穫量 水田栽培

2014/01/17 01:47 | 植物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【デカイ】直径30センチのゴボウ 幻の巨大野菜の謎に迫る

1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/12/30(月) 19:45:10.50 ID:???
【記者イチ押しクール千葉】怖っ!直径30センチのゴボウ 成田山新勝寺に奉納「幻」の巨大野菜に迫る

掘り出された約1メートルの幻の巨大ゴボウ=匝瑳市提供
no title

no title

幻の巨大ゴボウを使った精進料理、右上の中に空洞のあるのが大浦ゴボウ=成田山新勝寺提供
no title


千葉県には一般に決して流通することはない巨大野菜が存在する。
大きいもので長さ約1メートル、太さ約30センチあり、見た者はその目を疑う。
県中央に位置する匝瑳(そうさ)市の大浦地区で6軒の農家だけが栽培している「大浦ごぼう」だ。
見た目は風変わりだが、収穫後はすべて成田山新勝寺に奉納され、精進料理として提供されている。

同寺への奉納の歴史はとても長い。平安時代中期の939年、平将門の乱が勃発。
戦勝祈願に同寺を訪れた藤原秀郷が大浦ごぼうを食して乱を鎮圧。
これが元となって「勝ちごぼう」と呼ばれ、精進料理のメーンとして振る舞われてきたという。

同寺によると、例年12月上旬に奉納されており、今年も約1800本に上った。
奉納後は一晩中水につけてあく抜きされ、砂糖とミリンなどで甘く煮付けられる。
これを一斗缶に保存し、毎日行われている願い事の成就を祈願する
「御護摩祈祷(きとう)」に訪れた人に振る舞われる。
例年約2万食が提供されており、このうち半分の1万食が1月に出されているという。

msn産経ニュース 2013.12.30 07:00
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131230/chb13123007010000-n1.htm

>>2以降へ続きます。

引用元: 【デカイ】直径30センチのゴボウ 幻の巨大野菜の謎に迫る

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 大浦ゴボウ 巨大ゴボウ

2014/01/01 12:57 | 植物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【画像】 四角スイカ ワロタ wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: ジャパニーズボブテイル(北海道) 2013/07/01(月) 16:14:43.83 ID:Bb9npkS90 BE:1395115182-PLT(12000) ポイント特典

出荷作業が進む珍しいサイコロ形の「四角スイカ」=香川県善通寺市

 サイコロのような形をした「四角スイカ」の出荷が1日、香川県善通寺市のJA集荷場で始まり、生産者らが
模様などを確かめ箱詰めした。

 約40年前に同市で考案された特産品で、現在6戸の農家が生産。実が直径10センチになった段階で
透明な箱に入れ、数週間で一辺約18センチの立方体に変身する。

 取引価格は1個約1万円。装飾用として人気で、7月中旬までに大阪や東京を中心に約400個を出荷。
生産者はまさに“箱入り娘”を送り出す気分!?

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130701/biz13070114500012-n1.htm

出荷作業が進む珍しいサイコロ形の「四角スイカ」=香川県善通寺市
no title

no title


引用元: 【画像】 四角スイカ ワロタ wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 香川 四角いスイカ

2013/07/02 12:34 | 植物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。