スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【B787】バッテリートラブル、再び

1: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★ 2014/01/15(水) 05:43:50.14 P
14日、成田空港で出発の準備をしていた日本航空のボーイング787型機から白い煙が出てバッテリーに異常な発熱が起きたとみられる跡が見つかりました。
去年、トラブルが相次ぎ改修されたバッテリーで、再び発熱が原因とみられるトラブルが確認されたことから、日本航空などが詳しい原因を調べています。

14日午後4時すぎ、成田空港で出発前の整備をしていたボーイング787型機で、操縦室にいた整備士が機体の下部から白い煙が出ているのに気付きました。
煙はすぐに収まったものの、点検の結果、機体前方のバッテリーの中にある8つの電池のうち1つの電池の安全弁が開き、中の電解液が外に飛び散っているのが見つかりました。
日本航空によりますと、何らかの原因で電池が異常に発熱したため安全弁が作動し、電解液の一部が気化して煙となって機体の外に出たとみられるということです。
当時、機内に乗客はおらず、けがをした人はいませんでした。
ボーイング787型機は、去年1月、バッテリーから煙が出たり出火したりするトラブルが相次ぎ、4か月余りにわたって運航停止となりました。
原因は特定できていませんが、ボーイング社が電池の過熱を防ぐ改修などを行い、787型機は去年6月に定期便の運航を再開しました。
改修されたバッテリーで、再び発熱が原因とみられるトラブルが確認されたことから、日本航空などが詳しい原因を調べています。

ソース:NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140115/t10014489011000.html

引用元: 【B787】バッテリートラブル、再び

ボーイング787まるごと解説 21世紀にふさわしいハイテク中型旅客機“ドリームライナー”の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書)ボーイング787まるごと解説 21世紀にふさわしいハイテク中型旅客機“ドリームライナー”の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書)
(2011/11/18)
秋本 俊二

商品詳細を見る

2: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 05:47:08.12 0
JALが見限ったのも解るよ
電気使いすぎだろB787
エアバスの勝ちのようですな

6: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 06:41:09.89 0
>>2
超寒気の影響とかでてそうだな
うちのエアコンもフル稼働して家のブレーカー落ちた

3: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 05:51:00.40 0
またバッテリー屋のせいにして誤魔化すの?

4: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 05:55:07.25 0
日本製品は不良製品ばかりですねえ
車と違い飛行機は故障が許されないんですよ?

飛行機は諦めて車作ってたらどうです?

15: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 08:55:33.58 0
>>4
そのバッテリーの充電を制御してるのがトンスランド製のプログラムじゃな
過剰充電で爆発してもおかしくない
最近だと携帯でも発火してるらしいしな
日本性ではありえんw

8: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 06:48:56.40 0
圧力弁が動く状態では、リチウムポリマーなら爆発しているのと同じ状態だと気がつけ。
監視装置なしで運用を続けていたことがバレバレ。
異常検出したら非常通知があるだろ。

10: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 07:11:24.28 0
またかい

12: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 07:57:20.38 0
電解液って…以前のバッテリートラブルとは別物だろう

13: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 08:30:19.37 0
サービスエンジニアの立場から見れば
この手の事件の裏が見え見えなんだけどな・・・

買う方は、高けりゃ買わないと言う態度を取る
売る方(経営者)は少しでも安く作ろうとする
作る人間は少しでも安全性の高い物を作ろうとするが、上記二者の圧力で

”粗悪な材料・少ない人員”で作り、”不十分なテスト”で、
出荷する事を強要される

「とにかく安くしなきゃ売れないんだ、多少問題があっても
 現場のサービスマンがしっかり保守すれば何とかなるだろう」

と言う甘えのもとに、仕事する

だから、出荷の段階で不良品、ソレを問題が発生してから

バージョンアップ とか 無料改修 と称して
チョコチョコ対症療法的にいじって何とか誤魔化す繰り返しになる・・・


解っただろう?

多少高くてもしっかり作り込んだ方が
結局はソレが一番安くつくんだよ・・・

いい加減な物を作って出荷して、ソレを点検で完品に仕上げるなんて
バカな商売は止めてくれ

欠陥品を点検させられるサービスマンや
不良品を利用させられるお客さんの事を考えてくれ

14: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 08:38:49.42 0
だからあれだけオスプレーは危険だと言っただろ!! 
あれ~~!?・・・・・・

17: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 10:31:59.45 0
トヨタからバッテリの詳細なデータから、諸所の環境に特化したパッケージと
して冷却装置を開発する必要性が生じている
787のレイアウトの変更も視野に入れ、再開発すればとしか良い用がない

18: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/01/15(水) 12:27:20.18 P
で、原因は何だったの?

B787に懸けるANAの野望B787に懸けるANAの野望
(2011/06/24)
杉浦一機

商品詳細を見る
スポンサーサイト

こちらもおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : B787 ボーイング787 バッテリー トラブル

2014/01/15 19:20 | 航空COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。